こじちゃん日記

こじちゃん日記詳細

乳房文化研究会「乳がんの検診とサポートを考える」


先日(7/23)、私が所属しているISA(国際アロマセラピー科学研究所)の所長が会長を務める 乳房文化研究会の定例研究会へ行ってきました。

「乳がんの検診とサポートを考える」と題しまして

乳腺外科の現場で活躍されている先生、乳がん看護認定看護師、乳がんについて日米の診療とサポートについて研究されている先生の話を聞き パネルディスカッションも行われました。

今や乳がんは12人に1人、年間約8万人が発病しているそうです。

しかし 検診により早期発見で治る病気なんです。

 

間違った知識により病院へ行くのが遅れ、私の親戚も2人乳がんを発症し 亡くしました。

私は叔母の乳房の膨らみに違和感を感じ病院を勧めました。

しかし 「まさか」という気持ちが強く 本人も私も直ぐには動きませんでした。

個人病院へ行って服を脱いだ その時医師から 「総合病院へ紹介状出します」

と言われ、怖がる叔母をタクシーに乗せて国立病院へ連れて行った覚えがあります。

 

言い訳ですがその当時、私は育児に追われ目の前の事で精一杯でした。

癌を宣告された叔母の気持ち・手術や治療への恐怖…その後・・・・

今考えると どれをとっても叔母に寄り添うことは出来ていませんでした。

叔母は家族がいなかったので 夜も独りで過ごし どんなにつらく怖かったでしょうか・・・・

本当に申し訳ないことをしました。

 

今、アロマを通じて統合医療について考える機会も多く、色々な方と携わることができるようになりました。

八木先生からアメリカの一部の診療とサポートの様子を聞き、私たちセラピストが出来ることはまだたくさんあると確信しました。

 

乳がんは 女性にとって色々な問題を投げかけてくる癌です。

 

医療も進んでいますし、検診によっておおよそ防げます。

自分の体は自分で守っていく事が大切だと思いました。

 

 

 

ぺじとりあ

住所 
〒451-0031 愛知県名古屋市西区城西4-28-23 和光ビル1階
マリッジサポート(結婚相談)052-522-2688
MAIL pejitoria@gmail.com
営業時間 10:00~19:00
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Li5XBo
  • facebook